ヨコオのカンガエ'16

今年もやります!ヨコオのカンガエ  2016年版です。変わらぬご愛顧を宜しくお願い致します。

   ヨコオのカンガエ'15

今年もやります。 ヨコオのカンガエ2015年版です。 宜しくお願い致します。

   ヨコオのカンガエ'14

ヨコオのカンガエ2014年版です。 昨年同様、お付き合いして頂ければ有難いと存じます。宜しくお願い致します。

   ヨコオのカンガエ'13

税理士横尾一徳が考えている、あんなことやこんなことをご紹介します。


   経営革新等支援機関
お問合せ
千葉県税理士会所属

ヨコオのカンガエ'16

今年もやります!ヨコオのカンガエ。
2016年版です。変わらぬご愛顧を宜しくお願い致します。

段取り八分、仕事二分(2016.4.7)

久しぶりのヨコオのカンガエです。
皆さんご機嫌いかがでしょうか。横尾税理士事務所の横尾一徳です。
今回のお題は、「段取り八分、仕事二分」でいきたいと思います。

皆さんも意味は分かっていらっしゃると思いますので、くどくど言う必要もありませんが、「事前準備がしっかりしてさえいれば、仕事にしろ何にしろ、全体の80%(8割)くらいは終わったようなもので、あとの20%(2割)で完璧」といったニュアンスで使われます。

昨日、とある会合の懇親会の司会を務めました。
もともと声が通る方なので、一部の方からは「プロがやっているみたいですねぇ」とお褒めの言葉を頂きましたが、誤解のないように申し上げますと、それでお金を稼いでいるわけではありませんので、プロではなく、アマチュアです。

しかし、司会を務めるにあたっては、2つほど気を付けていることがあります。
1つめは、「司会という役を演じる」ということです。
以前にもヨコオのカンガエで書いたことがありますが、司会の自己紹介にあたって、「不慣れではございますが・・・」という言葉は禁句です。それならば、やらないほうがいい。
私は基本的にテニスやバドミントンでいう「シングルス」の方が得意です。
なぜならば、ダブルス(男女ペア)ですと、声の掛け合いもさることながら、司会の紹介の後の「よろしくお願い致します。」で頭の下げ方・戻し方が揃っていないと、その時点でアウトだからです。非常に難しいです。

2つめは、これが最も大切だと思いますが、「台本を声に出して、何回も繰り返し練習する」です。
車を運転しながらでも練習します。
その際、聞き苦しい声になっていないかどうかも自分自身で確かめています。
また、研修などの講師や著名な方が講演される場合には、事前に講師のプロフィールや職歴等の経歴、著書がある場合には、出版社名と書籍のタイトルなども調べて臨みます。
場合によっては研修講師が他の地域で講演等を行っている場合には事前に拝聴することもあります。

これは、あくまでも司会をするときに気を付けていることですが、今回のお題で身近で感じることは、会社内部等の「会議」の場面でしょう。

時間前に会議資料が全員分に配布してあって、定刻に始まるのは「及第点」でしょう。
願わくは、資料配布がすでに終わっており、時間前にメンバー全員が集まり、開始予定時刻よりも早くに開始し、終了予定時刻よりも早く終了するのが理想的ではないかと思います。

なぜこんなことを言うのか。それは会議にもコストが掛かっているからです。
事前にメールや相談等で議題をもんでおくのもよいでしょう。
時間になって、あわてて資料を準備するなどもってのほかです。
これが身内の任意団体なら許せる場合もあるのかもしれませんが、ビジネスでそれをやったらどうなるでしょうか?

そんなことをしたら、あなたの会社の商品を誰も買ってくれません。
資料に限らず、相手がどのような質問をぶつけてくるか、想定問答も考えながらビジネスを考えないといけないと思います。そういう私も日々、研鑽を積んでいるところです。

中小企業は、ただでさえ経営基盤が脆弱にもかかわらず、スピード感が無いですから、段取りの入念さでまずは差をつけていきたいものです。

水は方円の器に随う(2016.2.1)

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
横尾税理士事務所の横尾一徳です。

今回のお題は、お堅いお題ですが、「水は方円の器に随(したが)う」でいってみたいと思います。

この言葉の出自を調べてみると、韓非(かんぴ)という中国の昔の(孔子の時代のようです)思想家が書き記した、外儲説(がいちょせつ)左上というところのようです。

実際の意味は、
「水というものは、形のないものであるから、如何様にも変化する。それは即ち人間関係においても言えるものであって、周りの人や環境によって良くもなり、悪くもなるものである。」
という意味のようです。

皆様の人間関係や周りの環境はいかがでしょうか。
私自身、40数年生きていますが、健全な人間関係を築けていると思います。

サラリーマン時代は、組織のために下げたくもない頭を下げ、飲みたくもない酒を飲む機会もあろうかと思います。付き合いたくないクライアントとも組織のために付き合っていかなければならない。
正直言って、私にはつらい。

しかし今は違います。
サラリーマン時代よりも頭を下げる機会は多くなりました。
幸いなことに、私の気持ちなどを分かってくださる方が多いです。
こんな私を信頼してくださる方と人間関係を構築できています。
嫌な人とは付き合わずに済んでいます。

人間は感情や思考を持ち合わせていますから、一時的には嫌な思いをする時もあります。
その嫌な思いは、本当に私自身を痛めつける目的だったのか、それとも、私自身を成長させる目的だったのか、少しはそういうことを考える余裕もできたと思います。

大人はもちろんそうですが、子どもの人間関係はもっと大事だと思います。
なぜならば、(私はそう思っているのですが)大人よりも感受性が鋭いからです。

私は独身なので偉そうなことは言えませんが、親御さんは子どもの人間関係に気を付けてください。

もちろん、大人になってからもよい人間関係を築きたいものですね。

備えあれば患いなし、備えすぎると患いあり(2016.1.5)

皆様、明けましておめでとうございます。横尾税理士事務所の横尾一徳です。
ヨコオのカンガエも2016年ということで、新たな気持ちで、皆様にとって「良いこと」、「悪いこと」、「どうでもいいこと(これがほとんどですが)」を書いていこうと思いますので、今までと変わらぬご愛顧をどうぞ宜しくお願い致します。

今年最初は、「備えあれば患いなし、備えすぎると患いあり」というお題でいってみましょう。

先月12月は、年末調整の時期でした。
年末調整とは、給与所得を有する方が勤務先において行う「確定申告の代わりになる手続き」、正式には1年間の所得税額を確定し、精算する(源泉徴収され過ぎていたならば所得税を還付し、足りないならば追加徴収する)手続きです。

年末調整終了後、その年の12月31日までに、結婚した、子供が産まれた等々の理由(配偶者控除額、配偶者特別控除額、扶養控除額等々)によって、所得税額に変動があった場合には、翌年1月31日までならば計算のやり直しができます。

(注)会社は、給料をもらっている社員等に対して、その年の翌年1月31日までに源泉徴収票を発行しなければならないことが所得税法第226条に定められておりますので注意してください。

それと今回のタイトルがどう関係してくるのかですが、ここからが本題です。
もちろん税理士は、税務の専門家ですから、税額を根拠に基づいて正しく計算するわけですが、気になってしまうのが生命保険料です。

生命保険料控除を受けるためには、勤務先に生命保険料の控除証明書の提出が必要です。
「控除額5万円まででしょ?だから全部持って行かなかった」という方もいます。
しかし私は、「今は、旧一般生命保険料と新一般生命保険料、旧個人年金保険料と新個人年金保険料、介護医療保険料控除といろいろ種類がありますから、手あたり次第、全部持ってきてください。」と伝えています。

何が分かるか。
生活費の中から、生命保険料の支払にどれだけ使っているか」が分かります(それが目的ではありませんので誤解なさらぬように)。

もちろん、必要なものはヘッジしなければなりませんし、その手法として「生命保険」があります。
しかし、必要のないものまで加入する必要はありませんし、それで家庭の資金繰りが悪くなるようでしたらやめるべきだと思います。

実際この仕事を長年やっていると、
「この方は、理想的な生命保険の入り方をしているかもしれないな。」
「この方は、保険貧乏だな。」
とボヤキながら年末調整の仕事をやっているのが本音のところです。

一般的に言われているのが、
独身ならば、自分が死んでも困る人がいないわけだから、死亡ではなく病気やケガ、介護、年金を意識した組み立てで保険商品を選びましょう。
一方、結婚している方の場合は、子供がいる(又はほしい)と夫婦共働き(DINKS=Double Income No Kids)では保険の組み立て方も違います。
DINKSならば、夫、妻ともに独身者と同じような設計で。
子どもがいる(又はほしい)場合には、一番下のお子さんが社会人になるまでは保障を手厚くして内容を充実させたいものです。

今回のタイトルに該当するのは、総じて、既婚者&お子さんがいるご家庭に多いわけですが、この機会に今一度、自分が入っている保険はどういう内容のものなのか、なぜ、その保険に入ったのかを確かめてみましょう。

もし分からなければ、税理士やFPなど、分かる人に聞いてみるのもいいかもしれません。
もしかしたら、あなたは知らないうちに金銭的に損をしているかもしれませんよ!